yukix的旅日記

泰王国紀行

概要へ戻る | 前へ | 次へ    

 

 day1-2 いざ、雑踏の中へ

009.JPG

シーロム通り近くといっても、少し入ったところにありました。

こういうちょっと不安の残る道を歩いていきます。

もちろんバンコクでは普通の光景ですので、心配はいりません。

010.JPG

シーロム通りに出ました。

シーロムは、BTSのサラディーンのある通り。

賑やかだし、地下鉄もBTSもあってアクセス良しです。

 

バンコクの気温は高めで、湿度も高めです。

歩いているだけで、汗ばんできてしまいます。

011.JPG

地下鉄シーロム駅の入り口付近。

象が歩いている!と思ったら、像でした(笑)。

地下鉄はセキュリティーチェックしてました。

手荷物の中身を見せなければなりません。

 

ここから地下鉄でファランポーン駅に向かいます。

2つめの駅です。

012.JPG

地下鉄は空調も効いていて快適です。

ガラガラに見えますが、

終点のファランポーン駅でみんな降りているだけです。

 

ファランポーン駅は、国鉄の始点駅です。

今回は夜行列車でチェンマイに向かうので、切符を買いに来ました。

013.JPG

ファランポーン駅は、いつも人がいっぱいいて、活気があります。

時間をつぶしているだけにしか見えない人も沢山です(笑)。

 

そのファランポーン駅に着いてみると、何やら人だかりが・・・

皆さん画面に釘付けのようです。

014.JPG

そこではタイボクシングを放映していました!

人気あるんですね。

 

さて、本題。

無事に明日の夜行列車の購入が出来ました。

夜行列車は時間が有効に使え、ホテル代も浮くので人気があります。

寝台の上の席しか空いていませんでしたが、取れただけ良かったです。

ちなみに1等席は売り切れでした。

015.JPG

晩ご飯はファランポーン駅のフードコートで食べました。

これで100円ぐらいでしょうか。

ここのフードコートは地元の方が利用する場所ですので、安いです。

屋台で食べるのは注文の難しさもありますが、

フードコートは簡単なので、利用しがいがあります。

016.JPG

再びシーロムに戻ってきました。

まずはオイルマッサージに行って、疲れをとります。

その後、ちょっと休んでからクラブに出掛けました。

夜のシーロムは屋台が沢山出て活気があります。

値段は高めなので、眺めるだけがよいかもしれません。

でも、ここでしか売っていない物があるので、それは買います。

が、今は荷物になるので、買い物は最終日までとっておきます。

017.JPG

クラブで楽しんでの帰り道。

これで1時30分ぐらい。

さすがに屋台は店じまい中です。

夜でも人は多いし、治安は悪くありません。

もちろん、女性の1人歩きはお勧めしませんが。

018.JPG

購入した切符です。

行きと帰りで微妙に値段が違いますが、理由は不明です。

でも、タイでは細かいことを気にするだけ無駄です(笑)。

チェンマイまで移動する夜行列車が800バーツ以下!

ホテル代より遙かに安いって、どうなんでしょうね。

大人気なのも当然でしょう。

 

次は day2-1 癒されても、また忙しく     

 

Counter