yukix的旅日記

泰王国紀行

概要へ戻る | 前へ | 次へ    

 

 day2-1 癒されても、また忙しく

019.JPG

ホテルでの朝ごはんです。

今回のホテルは朝食込みでした。

レストランは欧米人が一杯!

ビュッフェは、洋食中心にタイ食が混じっている感じかな。

020.JPG

ビュッフェなので、2回目いきました(笑)。

チェンマイに行ったら、ちゃんと食べられるかも不明だしね〜

021.JPG

今日は特にすることはないので、

まずはホテルのプールで泳ぐことにしました。

隣の建物の中途階の屋上にプールがあって、そこが使えます。

バンコクの真っ直中なのに、こんな風に泳げるなんて、不思議です。

少しだけ冷たかったけど、30分泳ぎました。

とっても気持ちよかったです。

022.JPG

運動の後は、旅の疲れをとりに・・・

って、まだそんなに疲れてもいないんですが、

タイマッサージを習うのが目的の旅行ですから、

こっちのマッサージを沢山受けた方が学びになります。

1時間のタイマッサージをお願いしました。

男の子だったけど、圧のかけ方が少し乱暴気味で、

痛く感じることが多かったです。残念!

023.JPG

チェンマイに向かう列車は2便あります。

昨晩買った列車のチケットは、遅い方だったのですが、

早く着いた方が良いかと心変わりし、

便の変更をしにファランポーンに向かいました。

これは、ファランポーンで、

地下鉄の駅から鉄道の駅へ向かう地下道です。

ここもクーラーが効いていて快適です。

024.JPG

結局、早い便は一杯とのことで、変更できませんでした。

やっぱり人気なんですね、夜行列車は。

 

ちょうどお昼ご飯時になったので、

またファランポーンのフードコートでお食事です。

今回は麺です!

025.JPG

フードコートはこんな感じです。

地元の方で賑わっていますよ。

地元の方で賑わう場所は、

値段と内容のバランスが優れている証拠。

利用する価値があります、いろんな意味で。

026.JPG

麺だけでは足りなかったので、

2杯目に手を出してしまいました。

朝もしっかり食べたのに・・・

プールとマッサージで体力使っちゃったのかも!

027.JPG

ファランポーン駅の中です。

ちょうど正面に、切符売り場が並んでいます。

長距離便の予約や当日便の購入と、

それぞれブースが分かれているし、

みんな英語を話せます。

当然、観光客でごった返していますが、

地元の方も、沢山いらっしゃいます。

028.JPG

逆方向はこんな感じ。

この空間は結構好きです。

ちなみに、この辺で話しかけてくる人は、

正規の職員ではありませんのでご注意を。

正しい情報は、ちゃんとしたインフォメーションがあるので、

そこで聞くのが一番です。

029.JPG

まだまだ昼過ぎ。

時間は余っているので、ショッピングに出かけることにしました。

地下鉄でシーロムに戻り、そこからBTSに乗ります。

乗り換えると駅名が変わり、サラディーンとなります。

かっこいい車外広告の車両が通っていました。

タイのアイドルでしょうか?

030.JPG

列車がやってきました。

サヤーム付近へ向かいます。

サヤームは、バンコクでももっとも大きなショッピングエリア。

賑やかなところです。

 

次は day2-2 バンコクの新と旧     

 

Counter