yukix的旅日記

布哇紀行

概要へ戻る | 前へ | 次へ    

 

 day3-1 爽やかハイキングに出掛けましょう

088.JPG

早起きして、ダイヤモンドヘッドに出掛けます。

ダイヤモンドヘッドも、公共のバスで行けますよ〜

 

ダイヤモンドヘッドは、昔の火山のクレーター。

ホノルルの景色になくてはならないものでもあります。

ダイヤモンドヘッド頂上のクレーターからは、ホノルルが一望できるとのこと。

頑張らなくっちゃ。

089.JPG

公共バスだと、クレーターの外側の停留所が最寄りです。

ここから、クレーターの内側を通り、

クレーターの反対側の頂上が展望台となります。

ちなみに、JTBやH.I.S.などのトロリーに乗れる場合は、

クレーターの内側まで連れて行ってくれます。

でも、時間があれば、外から歩いた方が楽しめるかもしれません。

090.JPG

このような道路を歩いていきます。

緩やかな登りが続きます。

 

ジョギングをしている人も沢山います。

毎朝ダイヤモンドヘッドをジョギングなんて、

すごく健康的だし、あこがれる生活ですよね。

091.JPG

気温は高くはなく、湿気も少ないため過ごしやすいですが、

日差しはこの通り、朝でも強いです。

だから、朝早い時間に訪れることをお勧めします。

昼間に来たら、暑さでへたばることでしょう。

日を遮ってくれる場所はほとんどありませんから。

092.JPG

クレーターの内側に続くトンネルです。

細いので、通過する車やトロリーに注意が必要です。

093.JPG

クレーターの内側に入りました。

視界が一気に広がり、

そして、広大な緑地がそこにはあります。

昔、昔は火口だったなんて、信じられません。

094.JPG

入場料を払って、展望台を目指します。

ここまで20分ぐらい、

さらにここから30分ぐらいで展望台でしょうか。

普通に歩ける方なら、大丈夫な強度です。

095.JPG

だいぶ登ってきました。

振り返れば、こんな感じ。

この辺りから、地面が土ではなく、

固まった溶岩になってきます。

096.JPG

だいぶ登ってきた気になっても、

先はまだまだ!

山肌にぽつぽつ見えるのが、先に登っている人です。

遠いなぁ〜

097.JPG

中腹の展望台からの眺めです。

住宅街でしょうか、沢山の住宅がありますね。

098.JPG

クレーターの全景です。

形が分かりますね。

左の方に道路が見えますが、ここを通ってきました。

 

まだもうちょっと登ります。

 

次は day3-2 頂上はまだなのか〜!     

 

Counter